慢性疲労症候群の原因を理解する【改善する方法】

医者

疲労などを長く感じる症状

ナース

慢性疲労症候群は疲労などの症状が半年以上続いてしまうことを言い、原因は今のところストレスと言われています。病院で投薬によって治療を受けていくことができますが、重症化してしまうと長引く場合もあります。この慢性疲労症候群は真面目で頑張り屋の人に多く見られるので、意識していくことで予防にもつながります。

View Detail

辛い疲れの原因と対処法

ハート

慢性疲労とは異なる疾患

仕事や家事などによる疲れが慢性的に続く慢性疲労ですが、これとは別に慢性疲労症候群という疾患が新たに提唱されています。慢性疲労は休息により回復するものですが、慢性疲労症候群は休息でも回復せず重度の場合は起き上がれないほどの症状が現れます。ただの疲れだと思って睡眠や栄養補給を行っても改善されず、周りから怠け者と思われることに苦しむケースもあるようです。日本では0.3%が慢性疲労症候群であり、世界の患者数と比較しても少なくありません。しかし、認知度が低いため正しく診断できる医師が少ない現状があります。重度な疲労を伴う病気が隠れている場合もあり、安易な診断は禁物と言われています。診断が難しい疾患であるため大きな総合病院を受診することや、慢性疲労症候群に詳しい専門医に診てもらうことが大切です。

考えられる原因と治療法

慢性疲労症候群の原因は明確に解明されていません。現状で考えられている原因としては、ウィルス感染症や免疫異常、内分泌系の異常などの説があります。また、最新の研究では脳内に起こる炎症が原因であるという説も出てきています。治療法としてはこれといった特効薬はなく、体に出ている症状を軽くする方法が取られます。完治しないのか、と残念な思いをするかもしれませんが、治療を受けることで疲労が和らぎ日常生活を支障なく送ることができるようになります。主な治療法な大きく3つであり、薬理療法・非薬理療法・漢方療法が取られます。薬理療法では抗うつ剤の投与により、疲労感の軽減効果があるようです。しかし、やはり気になるのが副作用です。副作用の起きにくい漢方の処方や、非薬理療法としてサプリメントなどで自然治癒を促すことが好まれています。

原因不明の病気を治すには

問診

働きすぎなどが原因となる慢性疲労と異なり、明確な原因がないのに強い疲労感・倦怠感が長期間続くのが慢性疲労症候群です。周囲から誤解されることも多い病気ですが、病院では時間をかけた治療に最善を尽くしています。薬物療法から和温療法まで、多方面からの治療によってつらい症状も徐々に改善していくものです。

View Detail

強い疲労感です

ドクターとナース

慢性疲労症候群を引き起こしてしまうと、疲労を感じることがあります。重度の症状になると、日常的な動作をするのも困難になるのです。病院に行くことで改善することができます。

View Detail

Copyright© 2016 慢性疲労症候群の原因を理解する【改善する方法】 All Rights Reserved.